こんにちは、とびねこです。

 

恋活・婚活のマッチングアプリに登録し、異性のプロフィール欄を見ている際に、トップに顔がはっきりとわかる画像があるのは基本として、サブ写真も充実している方が目が留まりますよね。

その人がどんなことに興味があるのか、普段どんな生活をしているのか、その一端をうかがいしる手がかりになるし、何より画像1枚だけじゃ「究極の一枚」かも知れないので、寄ったのとか、全身の写真とか、違う角度のとかいろんな写真を見ることで、より正確に相手の外見が伝わってくるので「いいね!」しやすくなります。

 

というわけで、サブ写真はめっちゃ大事!ってことなんですけど、特に 女性がアップするもので「食べ物と私」の写真を載せると効果的 ですよというお話です。


「食べ物と私」のサブ写真の受けがいい理由とは?

サブ写真は、自分自身が写っていなくても、旅行先の風景、自分で作ったりお店で食べたりした料理の写真など、なんでもアップOKで、少なくともないよりあった方がいいのは間違いないです。

 

そんな中、男性ウケがいいのが「食べ物と私」の写真です。

 

はい、こういうやつ。

こういう写真があると、 男性がその子とデートしている自分を想像しやすく なります。

 

これはいちいち頭で考え、シミュレーションするとかそういったものではなく、もっと本能的に「なんか楽しそう」と感じてしまうので、かなり効果的です。

身近な食べ物をアップするのがポイント

「食べ物と私」の写真をアップする際の注意点は、高級な料理は避けるということ。

例えば、フレンチのコース料理を食べている写真で、背景の店の雰囲気もかなり高級そうだったりすると、「男と行ってんちゃうの?」「金のかかりそうな女だな」とか思われて逆効果です。

 

その観点からいくと、上の写真完璧ですね。

かき氷とかかわいい食べ物だし、誰でも買える庶民的な食べ物だし、海とか夏祭りなど、まさにその子とデートしている自分を想像しやすい一枚です。

100点ですね。

 

ヤギ先生ヤギ先生

ラーメンとかカレーとか、男性が好きそうな食べ物のポイントは高いよ。

中年ネコ中年ネコ

ラーメン食べてる写真とかあると、一気に親近感がわきますもんね。

 

あとはビールで乾杯!ってやってる画像もウケがいいです。

ベロベロに酔っ払ってるのはNGですが(そんな写真アップする人はおらんと思うけど。笑)、楽しそうにジョッキをかかげてる写真とかは普通に好印象だし、居酒屋デートできるという敷居の低さを暗にアピールしている点も評価高いです。

お手本画像

??

EMI SUZUKIさん(@emisuzuki_official)がシェアした投稿 –

夏になるとメロンソーダが飲みたくなるなる???

島袋聖南さん(@seina4444)がシェアした投稿 –

Birthday Cake Icecream??? Yum❤️ #nicoleishida #hawaii#デコ感

nicole_ishidaさん(@nicole_ishida)がシェアした投稿 –

ナチュラルに盛れる「食べ物と私」写真

お手本画像見たけど、これモデルさんが可愛いだけちゃいますのんっていうつっこみもあるかと思いますが、それはまあそうなんですけど、この「食べ物と私」写真は誰でも応用できます。

 

可愛い子がやれば効果はさらに高まりますが、そこまで外見に自信がない人でも、楽しそうに食べ物を掲げている写真は、通常の写真より楽しく見えるし、本人もより良く見せる効果があります。

 

例えば、ジョッキでもお皿でも、大きめのものを持って顔の前に差し出して撮影すれば遠近法の効果で顔が小さく見えるし、 ジョッキなどで顔をかくし、大きな笑顔をつくっておくとなんとなく可愛く見える もんです。

少なくとも、snowなどのアプリ画像を載せているよりかは好感度高いです。

 

ヤギ先生ヤギ先生

ケーキとか可愛い食べ物もいいけど、やっぱラーメンとかビールなどは圧倒的に男ウケが高い。

中年ネコ中年ネコ

確かに、そういう写真が1枚でもあると、いっしょにご飯食べに行くのとかは想像しやすくなりますね。

ヤギ先生ヤギ先生

親近感がわくし、華やか&高級そうな写真ばかりだと生活感があまりないので、恋活はもちろん、婚活メインのユーザーからのポイントも高いんじゃよ。

見た人からの反応も得やすい

「食べ物と私」をアップすることによる副産物として、それを見た人が 写真に反応してメッセージをくれる ということも挙げられます。

 

僕も自分の経験として実際にありましたが、バーベキューかなんかの写真でアサヒスーパードライの缶ビールを片手にしているサブ画像があり、「スーパードライ好きなんですか?」って聞いたことがありました。

(僕がスーパードライ派だったもんで。その女性は、乾杯用に撮っただけで、実際いビールは飲めない人だったんですけど^^;)

 

とまあそんな感じで、「そのラーメン、僕も食べたことあります。美味しいですよね!」とか、「サブ写のパスタってどこのお店ですか?」とか、いろいろ反応が返ってきやすい、上手く運べば「じゃ、今度いっしょに食べに行きましょっか」とかにもつながっていくので、その観点からもおすすめです!

食べ物を単体でアップするときの注意点

「食べ物と私」の写真の威力を少しは実感してもらえたかと思いますが、食べ物単品のサブ写真もあっていいと思います。

ただ、 食べ物単体の写真をこれみよがしにアップするのは避けましょう。 

 

たまに、自分が作った料理なのか、何枚、何十枚とアップしている女性を見かけます。

別にダメとは思わないんですけど、それを見ている男の本音としては「手料理得意なんはわかったら、本人の写真上げてよ」です。

 

つまり、アプリ上で知りたいのはやっぱ顔なんですね。

逆の立場、男性のサブ写真に食べた料理や、旅行先の風景、部屋の本棚とかそういったものばかりがアップされていると、その人の趣味とか好きなことは伝わってくるけど、それ以前に自分の写真載せろよ!って思うでしょう。

なので、手作りの料理をアップするのは間違いなくプラスなんですけど、せいぜい3枚くらいまでにして、どうせアップするんだったら「食べ物と私」の写真をアップしましょう。

「食べ物と私」は男性にも応用できるのか?

結論からいうと、出来るでしょう。

「たくさん食べる人は好き」っていう女性も少なくなく、要は「たくさん食べる=元気」みたいなイメージで、悪い印象ではありません。

 

また、笑顔で楽しそうに食べている写真は普通のスナップショットより印象がいいので、この点もポイント高いです。

 

ヤギ先生ヤギ先生

ただし、イケメンは別として、極力自撮りは避けよう。ブサメンやおっさんの自撮りはキモがられるだけだからね。

中年ネコ中年ネコ

了解です。

おすすめのマッチングアプリ

すでに何かしらのアプリをされている方は、さっそく実践してみてください。

これからマッチングアプリを始めてみようと思っている、もしくは、今やっているところ頭うちだから、違うアプリを探しているって人は、こちらは参考にしてください。

会員数No.1 pairs(ペアーズ)

初めてやるって人にまずオススメなのが、ペアーズです。

とにかく会員数が多く、出会いの場が多いです。

 

定番のアプリで安心感もあり、いっぱいあってどれがいいのかわかんない、迷ってしまうって人は、ひとまずペアーズから始めたら問題ない感じです。

素敵な出会いがいっぱい! ペアーズの無料登録はこちら(R18)

 

もし、すでにペアーズやってて、マッチングもするけどなかなか付き合うところまでいかない、ちょっと最近疲れてきた、って人は気分転換もふくめ、他のアプリを始めてみるのがいいですよ。

 

オススメはwith(ウィズ)。ペアーズより後発のアプリですが、会員数は急上昇しており、僕も実際にやってみましたが、ペアーズと同様マッチングも普通にするし、いい感じです^^

アプリの構成がペアーズとよく似ており、使い方はペアーズをやっているとすぐにわかると思うので、その観点からもオススメです!

 

メンタリストDaigo監修の話題のマッチングアプリwith(R18)

 

20代~30代の会員が多く、その年代の方は特におすすめ!

僕はアラフォーですが、やってみたら普通に20代の女性ともマッチングしましたので、ペアーズにくらべて全然マッチングしないなんてこともないので、けっこう使えますよ^^

関連記事

>>マッチングアプリwithはペアーズの上位互換?使ってみた感想