Pairs(ペアーズ)は登録している女性も多いし、マッチングもよくします。

けど、メッセージのやりとりをして、いざ会う約束をした段階でのドタキャンもけっこう多い。

 

>>ペアーズ(pairs)マッチング→会う約束→ドタキャン or 自然消滅がなんか多くなっている件。

こちらの記事でも書きましたが、以前ペアーズをやっていた頃に比べて、ドタキャンの確率が高くなっているような気がします。

たまたまかもしれんけど、少なくとも自分の体験ではそうでした。

 

で、ちょうどペアーズの更新日も近づいてたので、気分転換に違うマッチングアプリをしてみようと思ってwith(ウィズ)を始めたんですけど、そこでいい出会いがありました!

てか、当然ながら出会った人すべてとお付き合いしたわけじゃないけど、少なくとも約束をしたすべての人と会えたというか、ドタキャンは1件もありませんでした。


ペアーズでドタキャン多い→他のアプリで気分転換がオススメ

with(ウィズ)はドタキャンゼロでした

ちなみに、with(ウィズ)は2ヶ月弱やって、今数えたらちょうぞ30人の方とマッチング。

そのうち、会う約束まで話が進んだのは5人で、全員と会うことができました。

 

実際に会うと、みなさん写真通りかわいい人で、「おい、画像と全然違うやんけ!」って人は一人もいませんでした。

5人中2人は、話し方の雰囲気とかもよくて、実物めっちゃいいやん!って感じで、すごいよかったです。

 

ペアーズももちろん出会う機会はいっぱいありましたが、去年やってたときは、たまたまなのか何なのか、ドタキャンがやたらと多かったです。

だから嫌になったとかではないですけど、冒頭書いたように、ちょうど3ヶ月の有料会員の期限が来るタイミングだったので、それだったら気分転換もかねて他のアプリをやってみようかなと思い、with(ウィズ)を始めた感じでした。

with(ウィズ)を始めた理由

ペアーズ以外のマッチングアプリはいっぱいあるし、別にwith(ウィズ)じゃなくてもよかったんですけど、 「けっこう可愛い女の子が多い」 という評判だったので、たいして深くも考えずに登録しました。

(あと、料金も他のアプリより安かった)

 

で、ちょっとやってみた感想は、「めっちゃ使いやすい!」ってこと。

ペアーズをパクってるというと怒られますが、基本的な操作やサイトの構成はペアーズを踏襲していて、 ペアーズをやってた人からするとめちゃくちゃ使いやすいです。 

 

あと、with(ウィズ)はメンタリストのDaiGOがプロデュースしており、独自の「性格診断」や「恋愛診断」といったイベントが定期的に行われます。

それで相性のいい異性がわかるだけではなく、相性のいい女性には無料でいいね!が送れるのが、なかなか実用的で使える機能でした。

>>かわいい子が多くて、使いやすい!with(ウィズ)公式サイトはこちら

ライバルはペアーズより少なく、マッチングしやすい!?

最近ではwith(ウィズ)も評判となり、会員数は男女とも急増しています。

なので、昔ほどペアーズに比べて著しく会員数が少ないってことはないけど、それでもやっぱペアーズに比べるとライバルが少ないのは間違いありません。

 

あと、評判どおり、かわいい子は多かったです。

>>ペアーズよりもライバルが少ない!? with(ウィズ)公式サイトはこちら(R18)

さいごに

with(ウィズ)をやった期間はペアーズに比べて短いので、長々とやって、もっと多くの人とマッチングしたり、会う約束をしたりしたら、ドタキャンされることもあったかもしれません。

てか、マッチングアプリにおいて、ドタキャンは付きものなので、一喜一憂しないことが大切です・

 

とはいえ、実際にドタキャンを食らうと腹も立つし、さびしい気持ちにもなります。

まして、それが続くと「なんか自分が悪いのかな?」と必要以上に凹んだりもします。

 

だから、そのやってるアプリを止めて、次に行きましょうとはいいませんが、気分転換に違うマッチングアプリを始めてみるのは有効ですよ!

ドタキャンが続くと、やっぱネットでの出会いは無理なのかとか思いがちですが、アプリ経由でも素敵な出会いはいっぱいあります。諦めずに頑張りましょう!

メンタリストDaigo監修の話題のマッチングアプリwith(R18)