こんにちは、とびねこです。

恋活・婚活のマッチングアプリに興味があるけど、いろいろ心配や不安もあるし、なかなか第一歩を踏み出せない人もいると思います。

 

その中で定番なのが、 知り合いにバレないのか、危険はないのか、本当に出会えるのか 、といった悩みや不安です。

ガラケー全盛時からある出会い系サイトは、確かにサクラが横行し、健全な出会いの場を求めるには確かにおすすめできる環境じゃありませんでしたが、近年流行しているペアーズなどのfacebookを活用した恋活・婚活のマッチングアプリは、それらの問題をクリアにし、安心して利用できます(友だちにもバレません!)。

 

で、安心・安全なのはいいとして、問題は実際に会えるのかってところが気になると思いますが、今回はその話です。


マッチングアプリで出会がない人の攻略法

僕はペアーズを主に使っていましたが、正直、出会いの機会はめちゃくちゃあったし、実際に何人もの女性に会いました。

なので、結論からいうと、 本当にいろんな異性の人と出会う機会があります。 

 

でも、それって一部の高スペックな人だけで、外見とかに自信がない人は全然マッチングせんやろという反論が聞こえてきそうですが、それは半分正解で、半分間違っています。

 

確かに、ペアーズなどの マッチングアプリにおいて、プロフィール画像は最重要ポイント で、一流企業の書類選考で一定以上の偏差値のある大学じゃない時点で弾かれるかのごとく、画像がイマイチだと秒殺でスルーされてしまいます。

 

中年ネコ中年ネコ

まじっすか。

ヤギ先生ヤギ先生

もちろん、内面重視の人もいるけど、そもそもネットを介しての出会いなので、最初の判断基準がアプリ内のプロフィール画面しかないでしょう。

中年ネコ中年ネコ

そか。だからプロフィールを充実させることを大事なんですね。

ヤギ先生ヤギ先生

うん。で、紹介文とかも大切なんだけど、やっぱり人間は最初に視覚的なものから認識するから、なかでも顔写真が重要になってくるわけだ。

 

なので、イケてない画像とかだと瞬殺というわけです。

え、まじで!?って感じですが、これが現実です。でも、じゃあ、イケメン&美女以外マッチングしないのかというと、当然ながらそんなことはありません。

 

特別イケメンじゃなくても、「ないわ」と著しくマイナスに思われなければいいわけで、そこをクリアするとプロフィール画面にある仕事や趣味、コミュニティに目をやり、話が合いそうだったらマッチングしてもらえるってとこまで発展します。

そこで重要となるのが 「清潔感」 ですが、特別イケメンとかじゃなくてもここさえクリアしていて、プラスしてプロフィールの文章が充実していたら、マッチングがゼロってことはないと思います。

 

よかったら、下の記事も参考にしてください^^

関連記事

がんばってるけど出会えない場合

マッチングしない、出会えないといっている人の大半は、やることをやっていないのが原因です。

すなわち、 プロフィールを充実させていない、手の届きそうにない人気の異性にばかりアプローチしてる、マッチングしてもメッセージぼ内容がスカスカ といったことが挙げられますが、こんな感じじゃなかなか実際の出会いにまで発展するのはなかなか難しいでしょう。

 

ちなみに、マッチング後のメッセージについては、よかったらこちらの記事もご参考にしてください。

関連記事

 

で、画像ふくめプロフィールもしっかりしているし、高望みばかりもしてないし、メッセージもきちんと書いてんのに全然出会えん!って人がもしいたら、 もうひとつ別のアプリにも登録 してみてください。

ペアーズをやりながらwithを始めてみる

例えば、恋活・婚活のマッチングアプリの老舗で、ユーザー数も多いペアーズOmiaiをやっているという人はけっこういると思います。

実際にやってみるとわかりますが、登録者数は多いし、定期的にニューフェイスも登録されるし、確かに異性の分母数はかなり大きいです。

 

というわけで、理想の異性に出会える可能性も高くなるわけですが、いいことばかりではありません。

ユーザー数が多いということは、当然ながら ライバルも多いということで、争いが激化 します。

 

そういう環境で成果が出ない、もしくはしんどいという方は、サービス開始からまだそれほど時間がたっておらず、ユーザー数がペアーズなどに比べて少ないアプリに入ってみましょう。

 

自分が気になるアプリでいいと思いますが、個人的におすすめながのがwith(ウィズ)です。

 

→【メンタリストDaigo監修の恋活アプリ】  with(ウィズ)

 

こちらはテレビでもおなじみのメンタリストDaigoが監修している、今話題のマッチングアプリです。

2016年にオープンし、会員数は2017年春の時点で約24万人。

600万人以上の会員がいる ペアーズに比べると規模は小さいですが、その分ライバルも少なくねらい目です。 

 

20代~30代の会員が多く、その年代の方は特におすすめ!

30代後半以降の人はメイン層ではありませんが、使っている人がまったくいないというわけではなく、「年上が好きな20代の女性」などと上手く出会えることができれば、ペアーズほどの競合は少ないのでマッチングはしやすいでしょう。

 

逆に、いま現在withをやっていて、そこそこマッチングはするけど、もう少し多くの人と出会えるチャンスがほしいと思っている人は、並行してユーザーの多いペアーズを始めるというのもいいと思います。

素敵な出会いがいっぱい! ペアーズの無料登録はこちら(R18)

2つ以上のアプリに登録するメリット

ちなみに、一つのアプリでマッチングも普通にするし、実際に会うこともできるって人は、無理に複数のアプリに手を出す必要ななく、ひとつのアプリに集中する感じでいいと思います。

あくまで対象にしているのは、 きちんとプロフィール作成などをしているのに、まったく出会えないという人 です。

 

「きちんとプロフィール作成などしているのに」と書きましたが、ここ大事なことで、この辺がしっかり出来てなかったら、それが出会えない理由かもしれないので、他のマッチングアプリを登録する前に、まずはやれることを十全にやってみましょう。

それでもダメな場合は、そのアプリとの相性が悪い、ライバルが強い、異性の分母が少ないなどの理由が考えられるので、 それらの問題を解決すべく、性質の異なる複数のアプリに入ってみましょう というのが今回の記事のテーマです。

 

例えば、ペアーズとwithの場合、両方とも人気のマッチングアプリですが、一方が「ユーザー数が多いけど、ライバルも多い」環境で、もう一方が「最近人気で、ユーザー数も増えてきてるけどまだまだ人がそこまで多くなく、ライバルは少ない」という環境で、それぞれのマイナスポイントを補い合う感じになっています。

 

恋活・婚活のマッチングアプリにおいて、こうすれば絶対にこうなるという方程式のようなものはないので、基本はトライ&エラーの繰り返しになると思いますが、「マッチングしない」と嘆いて終わりではなく、マッチングしない理由を考え、最善の手を打つことが恋人をつくる近道になるはずです。

新しい恋が始まる!with(ウィズ)公式サイトはこちら(R18)

毛色の違うマッチングアプリに参加する

ひとつの事例としてペアーズとwithを紹介しましたが、別にOmiaiとwithでもいいし、そこは自分に合いそうなアプリを探してみましょう。

おすすめなのは、 メインでやっているマッチングアプリとは少し毛色の違うアプリに入ること です。

バツイチ、シンママにも優しいmarrish(マリッシュ)

例えば、こちらのアプリ。

↓ ↓ ↓ ↓

マリッシュ

マリッシュは、一般的なアプリよりも婚活を意識しており、男女ともに30代はもとより、40代以上のユーザーが多いのも特徴です。

特色を挙げると、バツイチ、シンママ、シンパパに対してポイント増量などのさまざまな特典があり、新しい出会いを踏み出そうとする人をしっかりとサポートしてくれます。

 

使い方をはじめ、基本的にはペアーズと同じ感じで、SNSを利用した安心・安全に恋活、婚活ができるマッチングサービスです。

>>無料の出会いは(マリッシュ)いいねから始まる恋婚/R18

本気で婚活したい人が多いユーブライド

マリッシュ同様、婚活に比重においているのが、ユーブライドです。

↓ ↓ ↓ ↓

国内最大級のSNSサイトで有名なmixiグループが運営する恋活・婚活アプリ。

累計100万人以上が登録し、昨年度実績で約2500名が成婚。「結婚相手が見つかるアプリ」として注目を集めています。

会員の多くが30代以上で、結婚への意識が高い人が多いのが特色です。「3ヶ月以内に結婚したいあなたへ」がキャッチコピーになっているように、より結婚を意識した出会いを求めている方にオススメです。

 

なお、現在実質1ヶ月間無料キャンペーンが実施されています。4日間の無料お試し期間の間に有料会員登録し、32日以上の利用でキャンペーンが適用されます。

なんかややこしいですが、要は1ヶ月使うと1か月分無料ということで、1か月分の料金で2か月分使えるということです(登録から31日以内に解約すると、1か月分の料金がかかってくるので気をつけくださいね)。

 

登録後4日間は完全無料なので、それでどんなものか試してみて、よさそうだったらキャンペーンを利用して参加するのがいいと思います。

お得なキャンペーン期間中にぜひ試してみてください^^

>>本気で婚活したいあなたへ!ユーブライド公式サイトはこちら(R18)

20代中心のMatchbook(マッチブック)

上の二つとは違い、学生を中心に若いユーザーが多いのがマッチブックです。

↓ ↓ ↓ ↓



『ゼクシィ』でおなじみのリクルートグループが2017年8月に立ち上げた恋愛・婚活アプリ。

とにかくユーザー層が若いのが特徴で、20代前半で恋人を探している人には特にオススメ。また関東の大学をはじめとするミス&ミスター100人が登録するなど、他のアプリにはない企画も行われています。

 

with同様、ペアーズなどに比べるとまだユーザー数が少ないので、なかなかマッチングせず、ライバルとの争いに疲れた人にもおすすめです!

>>20代中心。新しい恋を始めよう! Matchbook公式サイトはこちら(R18)

 

アプリを上手く組み合わせ、出会いの確率を高めよう!

例えば、王道的なペアーズOmiaiのどちらかをやっているとして、もう少し婚活の本気度の高い人と出会いたいと思う人は、マリッシュかユーブライドを併用するのがいいでしょう。

逆に、恋活が主流で、あまりライバルが多くないところでって人だと、withやマッチブックのどちらかに登録するのがオススメです。

ヤギ先生ヤギ先生

1つのアプリで上手くいってる人は、無理に2つ以上登録しなくても大丈夫だからね。

中年ネコ中年ネコ

はーい。僕は苦戦してますけど。

ヤギ先生ヤギ先生

あとは、そこそこ上手くいってても、3ヶ月を目安に恋人ができなかったらアプリを変えるのがおすすめだよ。マンネリ化を防げるし、登録直後は異性の目につきやすい設定など、それの方がマッチングの確率は高まるから。

複数アプリやると経済的な負担が大きい?

複数のアプリをやった方が良さそうなのはなんとなくわかったけど、毎月の支払いがしんどくない?

ただでさえスマホ代やら飲み代やらでカツカツなのに、って意見もあるでしょう。

 

なので、無理してまでやりましょうとはいいませんが、 費用対効果を考えるとそこまで悪いもんでもない はずです。

最初に見たように、マッチングアプリはだいたい1ヶ月3,000円~4,000円で、仮にそれを2つ同時に登録したとして6,000円~8,000円です。

 

当たり前ですが、ひとつしかアプリをやってないときの2倍くらいの経済的な負担が増えます。

痛いですよね。でも、 あなたが恋人をつくるという目的を持ってアプリをやっているなら、そんなに高い投資でもない と思います。

 

例えば、アプリじゃなく婚活パーティーや街コンなどにいった場合、男性は8, 000円くらいとられます。

めちゃくちゃ安いやつでも5,000円はするんじゃないでしょうか。

しかも1回行って成果が上がらないと、そのお金は無駄金になってしまいます。

 

ヤギ先生ヤギ先生

そう思うと、8,000円弱で2つのアプリを掛け持ちし、プロフィールを吟味するなかで何人もの異性にアタックできるのは、そんな特別高いわけじゃないでしょ。

中年ネコ中年ネコ

確かに。

 

で、それ以上に大きいと思うのが、2つ同時にすることで、 完全に短期決戦型に思考を切り替えられる ことです。

何それ?って感じだと思いますが、1つのアプリでも半年間、1年間とやっていると、長期割引があるとはいえ、結果的に大きな出費となってしまいます。

 

それより何より、長期間おんなじアプリをしているとマンネリ化してきて、やってる自分自身も疲れるし、出会いの確率も下がってくるし、決して効率のいいやり方だといえません。

 

そこで3ヶ月なら3ヶ月と決めて、最初はひとつのアプリから始めて、1ヶ月やったけど全然あかんやんけって感じだったら、並行してもう一つ始める。これで3ヶ月やっても、総支払額は1年間やるのとそんな変わらないでしょう。

 

自責の念も込めて思うんですけど、マッチングアプリで一番やってはいけないのが、ダラダラと続けてしまうことです。

なので1つのアプリを半年以上するくらいだったら、 短期決戦で1つ、もしくは2つのアプリは3ヶ月間やるのがおすすめ です。

さいごに

いろいろ書いてきましたが、恋活・婚活のマッチングアプリでまったく出会えないという方は、プロフィールがしっかり作成できているか、メッセージのやりとりがきちんとできているかを確認し、過不足ないってことだったら、並行してもうひとつ別のアプリを始めることも視野に入れてみてください。

意外と別の始めたら、さくっと一件マッチング発生したとかもあるかもですし、1個やってダメだから全部ダメってわけでもないので、いろいろチャレンジしてみましょう!

 

素敵な出会いがいっぱい! ペアーズの無料登録はこちら(R18)